« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の1件の記事

2012/07/22

ひこねスカイアドベンチャーで空中ブランコ①レポート編

だいぶ前のことになりますが、レポートをアップしておきます。

ひこねスカイアドベンチャーで空中ブランコを体験してきました。

誘ってくれた友人と彦根で待ち合わせて、近江牛ハンバーグを頂いたあと、てくてく歩いて現場へ。 彦根城とは反対側の住宅やらパチンコ屋やらを通り過ぎて15分。山の斜面にアスレチックや空中ブランコの施設が張り付いているのが見えます。

受付を済ませて、まずは「スカイG」へ。200メートルほど張られたワイヤーを滑車でびゅうううん!と滑っていくというものです。1000円で3回。

ハーネスを装着してすっかりボンテージ状態になり、係りの人にしっかりと吊るしてもらって出発。頭上でワイヤーの軋むもんのすごい音がしますが、本当に空を飛んでいるような爽快感。絶叫マシン大好きの友人は、「物足りないくらい」なんて言っていましたが、高さに気持ちを慣らす意味でも、ぜひやっておくべき。

そして今日のメインイベント、空中ブランコ体験「ハイG」です。

1時間半のセッションで翔ぶ人は10人くらい。最初の1時間はキャッチャーなしでの練習です。順にやっていくとひとり3〜4回練習することができます。

初めての人は低いところで
ぶら下がる→両足かける→エビぞる
というのを練習します。

ここでバーの感触を初体験。
バーには布が巻かれた上に滑り止めの粉がついていますので、学校にある鉄棒より楽にしっかり握ることができます。

これは、さらっと一回やってみるだけでおしまい。はしごの登り方、上での動きについて教わって、ベルトをかなりキュウキュウに閉めてもらい、地上7mでのブランコにチャレンジです。

はしごはかなりしっかりしたものが固定してあるので、比較的上りやすいと思います。(決してサーカスでアーティストさんが使っている縄ばしごではありません)
ただ、さすがに7m上がると息が切れる…。

この時点では命綱着けていませんので頼りになるのは己の身体能力だけ。かなり怖い。特にはしごはから台に乗り移る時が怖い。ハアハア。

もう泣きそうですが息を整える間もなく準備姿勢に入ります。

ウエストのベルトの左右二箇所に命綱を着けてもらって、それをスタッフのお兄さんに後ろから引っ張ってもらっています。左手は台の横の柱を握っています。

その状態で足先を台から少し出し、手繰り寄せてもらったバーを右手で握ります。この時点で怖さ120%。

そして、左手を離して両手でバーを握ります。ここから、命綱を引くスタッフのお兄さんと物理の法則に身を委ねる時間のスタート。この瞬間が怖さMAX。

ここまでくると飛んだ方が早くラクになれます。お兄さんの掛け声「Ready Hep!」で、逝っちまえー!

(このへん、覚えてません)

訳わからなくなりながらも、膝をかけて手を離し、もう一度バーをつかんでもとの姿勢に戻って、指示に従って落下するとこまでできました!

…放…心…

やっちまえばできちゃうもんです。しかし怖い。

私と友人以外はかなりのリピーターらしく、変わった技に挑戦しています。まるで交代でカラオケ歌うみたいにスムーズに事が運んでいき、二回目のチャレンジ。

はしごを上り、台へ。

怖い…さっきできたのに、怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。

嫌だ。降りたい。

正直情けないですが泣き言言いました。
だって怖いんだもん。

でも、はしご降りるより飛び落ちた方が早いんですわ。

覚悟決めてGo!そして今回はなんもせずに落下。

ああああ。こうして今日の私のチャレンジは終了。

でも、かなり満足です。

友人はそのあともチャレンジを続け、キャッチしてもらえるレベルまで成長を遂げたのですが…。

なんとここで雨ざざぶり。
キャッチング成功と認定証ゲットはおあずけになりました。

しっかたないなー、また来るかー。
そんでこのままじゃちょっとクヤシイからもう一回チャレンジします。

待ってろよー!

インストラクターのおにーさんも、他の常連さんもとってもフレンドリーで、最後に握手してセッション終了。今度はみんなとワイワイできるようにオヤツ持って来るからなー!

下で命綱引いてくれてたお兄さんは、クラブメッドというリゾート施設内の空中ブランコ体験施設で働いていたとのこと。

アメリカやヨーロッパでは大きな町にひとつは空中ブランコがあって、体操を習う感覚で空中ブランコを習うそうです。日本のおじいちゃんが「空中ブランコはサーカスに売られていった人が怖い団長に脅されてやってる」って言ったら信じちゃうよ!という感覚とは大違いです。(※現在の日本のサーカスのアーティストの皆さんはそんな哀れなことはありません。誤解されませんよう)

何事も、やってみることで鑑賞する者の目が肥えることは間違いありません。
次にサーカスを観に行くときも、今までと違う感じで見られるのではないかと思います。

ぜひ、怪我や事故のないように運営を続けていただいて、日本中に空中ブランコ好き、サーカス好きの人が増えていってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »