« 遅れましたがあけましておめでとうございます | トップページ | 凄いカ〇 »

2007/01/06

きのうのETV特集(再)見て 泣いた

きのう、椎名誠が絵本について語って、有名な絵本の出版社や絵本作家をたずねて取材するという番組の再放送を見た。

泣いたねぇ、わかんないけど。

何で泣いたかというのを説明するのは難しいのだけれども、泣いた。
何冊か、「買いに行こう!」と思っちゃう絵本もあった。

大人がいる。そして、こどもがいる。
その関係が見知らぬ誰かと誰かであっても、大人はこどもに対して一定の責任を負っていると思う。
同じ場に居合わせるだけで、間違いなく責任は発生している。
こどもの体と心を危険から守ること、正しい方向へ導くこと。
自分が大人であるという自覚があれば、間違いなく常にそのプレッシャーに晒され続ける。

その、言い知れぬプレッシャーから離れられる道具の一つが絵本かなと思って。
絵本を楽しむときだけは、こどもをどう導かなくてはいけないかというしがらみから抜け出して、一緒に指差したり笑ったりしてていいのかなと。

大人って、ほんとに、いやな生き物だね・・・。

|

« 遅れましたがあけましておめでとうございます | トップページ | 凄いカ〇 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遅れましたがあけましておめでとうございます | トップページ | 凄いカ〇 »