« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の4件の記事

2005/09/27

今日はなんの日

今日は朝青龍の誕生日です。21世紀の偉大な横綱の誕生日を祝って、ステーキを買って来ました。一番小さいサイズだけどワインも、198円だけど花も買って来ました。
琴欧州に負けるな!
って。
いやいや。別にそうじゃなくて。
自分にご褒美ステーキです。
また一年、なんとか生きて参りました。
周りの皆さんと産んでくれたかあちゃんに感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/24

ハリケーン

アメリカは今ハリケーンで大変だ。名前はリタというそうだ。
朝、とくダネで小倉さんが「リタといえばウエストサイド・ストーリーのリタ・モレノという女優さんがいましたねぇ」みたいなことをぽろっと言っていた。
うーん。アニタ!
リタ・モレノが扮するアニタはシャーク団のリーダー、ベルナルドの女。アメリカの繁栄と、プエルトリカンがアメリカで置かれている状況を対照的に歌う「アメリカ」の始めの部分のソロがめっちゃかっこいい。
「Puerto Rico My heart devotion…」
んで、ここに続く歌詞が「Always hurricanes blowing…」
ハリケーン女です。
実際ここでハリケーンに吹かれているのはプエルトリコなのですが、自分としては「リタ→アニタ→アメリカ→ハリケーン」と連想がループするまで約15秒。さらにカトリーナ襲来時から言われているアメリカの抱える問題が、ウエストサイド・ストーリーの約50年前から変わってないんじゃないか、死とか争いとか犯罪とか貧困なんかの救いようのない現実はそのエンディングに通じてしまうんしゃないかっていうところまで至るのに30秒。小倉さんもしかしたらここまでしゃべりたかったんじゃないかな…というと考えすぎかしら。
と、うだうだ語ってみたけど私募金ひとつしてません(^_^;)。アカンね。
ええと、「アメリカ」の冒頭部分はとにかく好きです。良かったら、日本語でもいいので歌ってみてください(*^_^*)。「プエ〜ルトリコ〜あ〜つ〜い〜島〜、あ〜ん〜な〜島いらない!♪…」
(ごく一部の人達だけ懐かしい歌詞でお送りしました→ね、M大合唱団のみんな♪)
きっと、アメリカだけでなくあのあたりの他の国にも被害が及んでいるのでしょう。
募金くらいしかできんけどせないかんねぇ。うだうだ長くなりましたが以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/08

さしすせ数学

先日やぶからぼうに、円錐の表面積をどうやって出したらいいか聞かれた。
!わかんねぇって!
あれは切って開くと扇型になるはずやんなぁ。その扇の開き具合はとんがりコーンがのっぽかぺったんこかで決まるはずやんなあ。完全にぺったんこやとただのマルになってまうもんなあ。とんがりコーンの底の半径と高さは分かってるんやけど、ってことは、たてに4つ割りにしたときの切り口の直角三角形のてっぺんの角度がわかればええんやろか?下の直角のあっちとこっちの長さはわかってるから、滑り台のとこの長さは電卓でわかるはずやね〜。ちょっと、√ついてる電卓借りますよ〜。…よしわかった、あとはてっぺんの角度なんやけど…むむぅ、これはサインコサインタンジェントですなぁ…む…ぐ…ワカラン!わたしにはもう高校んときのO先生が「さいたさいたコスモスさいた」言うてたんしか思い出されへん。("咲いた"が+sinで"コスモス"がcosで式の暗記やってんけどどんな式かさえ忘れた)もうアカン…。
もともとアホやのに自力で考えようとするから無理やねん。とっととあきらめてネットで公式検索しよ。
(カチャカチャピコピコ)
出た〜!
円錐の表面積=πar
…えらいキレイにおさまってんなあ。ちなみにaが滑り台の長さでrが底のマルの半径ね。
解説は…ふんふん、積分を用いるか、なんかナミナミのグラフがぺったんこかとんがってるかをどうかするやつやねぇ。サインコサインタンジェントの親戚やったよーな気もするなぁ。忘れたけど。ええ線まで行ってたんやろか。違う気もするけど
答え出たからどうでもええか。
やっぱり数学はアカンね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/07

次は太田

さあもう太田に旅立つこととなりました。
太田といえば…何も思いつかない…関西人の私にとって全く未知の領域です。地図でみると、近くを渡良瀬川が流れているらしく、森高千里の「渡良瀬橋」も近いみたいです(となりの足利市にあるんですが)とりあえずPCで近所をつらつら見ながら「渡良瀬橋」をほぼフルコーラス歌ってしまいました。
名物はあるんだろうか?遊ぶところは?
とりあえず期待せずにGO!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »